管理人YSです。

 

今回取り上げるのは

斎藤やすさんも取り上げるこちらの斎藤ひろきという人物。

 

 

すごく参考になる記事はこちら

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-241.html

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

 

斎藤ひろき  



販売者 斎藤ひろき 旧名一覧  齋藤浩喜 (斉藤ヒロキ 斉藤浩貴)


運営責任者 斎藤ひろき


〒018-0431

秋田県にかほ市伊勢居地字大畑38

電話番号





info@hiroki-tenbai.com

 

 

 

彼の商品でもある 資金稼ぎプログラムは明らかな誇大広告と

感じさせるもので 「未だかつてない」などの言葉を用いて

稼げる事を主張してますが、その内容は明らかに食い違うものであり

たかだか3000円程度の商品ですら、消費者に嘘と誇大広告を

並べて販売する販売者です。

 

 

 

また、この販売者の斎藤ひろきという人物は何度名前を変える理由の一つとして

悪評逃れとも考えられます。

 

ここまで消費者に対して 可愛い顔をして嘘と誇大広告を並べて
いくら稼いだのか知りませんが、典型的ですね。

 

この手のものを動画などにでる事で、
今後 「名前」での検索、そして顔写真一致などが出た場合
様々な部分でリスクを負います。

 

例えば子供ができた時。

銀行などのローン審査。

そして就職

アフィリエイトでも審査の厳しい広告掲載は個人名では通り難くなります。

 

こういう事を把握して一攫千金を狙い、一生困る事のないお金を
投資するなら、まだ良いですが、普通に考えれば危ない行為です。

 

 

一体どれだけ売れたのか知りませんが
少なくとも今後はどんどん低迷してくるだろうし
この手の事実の批判記事は 国内ブログから
中国ブログや海外サーバーへ移行してきます。

 

つまり幾ら消して欲しいと思ってもどんどん空回りする一方となるのです。

それも全て侵害されたのではなく、事実を書かれただけ。

 

つまり、今回のような情報コンテンツを表に出して
消費者が騙されたと錯覚するようなコンテンツを販売して利益を出しているのですから、これもまた当然の報いなのです。

 

みるみる内に量産されると思いますが、一生表に出て
この手のビジネスで喰い続けられる人は良いですが
プロデューサーは知らんふり。

結局いつも実績も実力もないのに金儲けの為に
表に出た人間が「ババを引く」というわけです。

 

それだけでなく何度も出ていると今度は会社の情報から
ジャーナリストなどの調査対象になる可能性があります。

 

この斎藤ひろきさんの「今後」が私も心配です。

 

しかし、情報代金を圧倒的に摂取し
リスクのある立場に「上手い話」で誘い込むという
これらはプロモーターも把握している事ですがね。

 

 

なお、情報コンテンツは5年以内なら返金が可能です。

 

もしも、「やられた」と言う人は、5年以内に購入した塾や教材であれば
クレジット会社、販売者への通知で返金が可能です。

 

それでは。

 

こちらの管理人さんのサイトは役立つので是非読んでみてください。

 

http://yasu871.blog.fc2.com/

 

 

 

 

 

創作者介紹
創作者 情報商材観察隊 的頭像
情報商材観察隊

詐欺情報商材と返金について

情報商材観察隊 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()