目前分類:推薦しない情報商材 (3)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

管理人のYSです。

本日紹介する記事は、WEB上で消えた記事を
私なりに編集して投稿しております。

消えた理由は明らかでありませんが 公開されるべき情報を公開しております。、

また当サイトは営利目的ではなく一切の商品のアフィリエイトリンクを貼り付けておりません。


今回、記事にしますものは、
前島智の「鳳凰レバレッジシステム」というものです。

 

 

 

鳳凰レバレッジシステム

販売ページURL http://phoenixweby1.since2014.net/

MAEZY ENTERTAINMENT 前島 智
住所     東京都北区岩淵町13-12
電話番号    070-5561-1129
メールアドレス     weby@phoenix.secret.jp


なんとこちらのコンテンツは
17日より配信開始するらしいです。


そんな話もどこにも書いてなかったんです。


この時点でも嘘です嘘。



とりあえず、購入後に「おいおい」といった点が
幾つもありましたので少し解説しておきますね。


内容と言うのは、「アップセルの嵐」です。



セールスページはこちら

現在は消去していますので
こちらで記録をこちらの斎藤さんが取得して保存しているようです。

http://timemachine55.net/rebaregi.pdf



まずは、購入後には、アップセルが登場
http://phoenixwebymid.since2014.net/
消去済みなのでこちらでも確認ができます。


http://timemachine55.net/maeggg.pdf


コンサルサービスで
「一度閉じると見えなくなる」とありますが
日付を跨ぐとまた見れてしまいます(笑
この時点で「嘘」でした。




消費者に正当な判断を失いさせる為の
スクリプトが入っている事も確認済みです。



コンサル料金19800円に加えて月額4980円のコースです。
(買うような人は、居ないと思いますが・・・)


で、初っ端のコンテンツのペラのPDFでは、
課題の一つがメールの受信設定をする事と
鳳凰レバレッジシステム通信に登録するという事だけが
書いてありました。


そして登録するとね…メールが届きますが
これも またふざけてるんですね。



http://test.charisma0627.com/


ここへの誘導がある。
購入時とは違ったアップセルですね。
価格も高額です。


書いてる内容も不気味だし
この人と二人三脚したいと思う人が居るどうかは不明ですが
極めて限定だそうです。



この前島智さんは、

高校学校教諭1種免許
中学校教諭1種免許 



これらを公開しているのですが・・・
ここ最近、学校の先生が問題を犯している
ケースが多いので、まさか、こんなセールスの仕方を
教諭免許を持ってる人が行なっていると考えると
「学校の先生」に対するイメージが、ガチで壊れますね(笑


おまけにこちらが前島智さんの公式サイト?なのかな。
http://maezism.com/



今回のレバレッジシステムは、
「教諭や公式ページからは、想定できない程 醜いセールス」と
感じましたね。


これは誰が見てもそう見える筈です。

とにかくコンテンツも ろくに提供されない間からアップセルの嵐。


これは事実です。



僕自身は、面白半分で読んで見る事にしたので
ノウハウや今後送信されるメールに何の期待もしていませんが
結論としては 役立つ事など一切なく、「笑えるか笑えないか」ぐらいです。



ちなみに
塾キラーMAEZYこと前島智さん。



なんかセールスページも「気持ち悪い」し
塾キラーMAEZY というのも「気持ち悪い」


塾キラーという名からすると 
塾ばかり買い漁っているんでしょうか?



写真を見ても、明らかに人脈とも思えない
2ショット写真の数々・・・。




セールスページも超手抜き感が満載です。





おまけに音楽業界のコンサルとか銀メダルとか・・・
「そこ強調するべき部分?」と あまりにも
「書くネタ」が無かったようにも見えるところです(苦笑



おまけに実績についても
前田智さんは、2009年よりネットビジネスに参入したようですが
いつの実績か分からないインフォプレナーの報酬画面で
商品売り上げ1110000円の数字を掲載しているだけです。



この数字についても、

”いつのものか不明”
”売り上げは月収ではないのに手数料やアフィリ報酬など差し引かれた後の金額が不明”

(モザイクを掛ける必要ある?と疑問ですね・・・)



明らかにそこは、モザイクをかけないとダメな理由が存在する筈です。



・・・そこで、勝手に売り上げが1110万円なのに
かけ離れた数字の売り上げであるにも関わらず、
月収1110万円達成とか書いてある。



一般素人の人は分からないかもしれませんが
これは月収と記述して判断に迷う文章ですが
月収とは異なります。つまり 嘘の記述であり
同時にセールスページの末尾の文章に関しても
つじつまが合わなくなります。



今回のこの記事に関して削除要請もして名誉毀損などと言ってますが
その際には 書いてる事が事実かどうかもだして貰う必要もありますね。



また本記事に関しては 「公共を図る為」であり
今回のような事例で消費者が騙されない為に一つの事例として
書いています。


またセールスページを見ても誇大広告でもあり
同時に実績の表記も 見て分かる部分で言えば
嘘があります。


しかし消費者にとっては、ここまでモザイクをかけると
誤解しがちですが、実は月収ではなく売り上げですので
収入では、ありません。


他にも情報商材では、こういったものは多数存在します。

ですので今回のような事例はしっかり見ておくと良いでしょう。



まあ、小中学生の教諭の資格があるから
小中学校の生徒に勉強を教えるのと同じように
彼が、ネットビジネスで稼ぐ方法を教えられるかと言うと、かなり微妙^^;



”所詮ネットビジネスの指導者なんて教職免許も持たない素人”と
レターに記載がありますが、前島智さんは、稼ぐ事には、超初心者でもあり
素人で、”ろくに稼げてない”という風にしか見えません(苦笑




いずれも教諭免許なんてものは、この業界では
有効になるものでも無いという事です。




何というか、この人使って商材を出す意味がある?という感じですね。



いずれにしても、購入してみると、アップセルを見て
嫌気も さすし、コンテンツは「メールの受信設定」だけで
メインとなる残りのコンテンツを見れるようになるまで、購入後から
1週間近くありますからね。11月17日より順次配信だそうですが
あんまりにも醜すぎますね・・・。



すぐに受け渡しできないコンテンツである事も
レターに表記も無いし 審査はしてるんですかね・・・?




文句を言われない方が、おかしいんですけどね^^;



いずれにしても、今、明確に言える事は、
「金、金、金」というアップセルの露出だけの
ふざけたコンテンツと販売者・・・
というところでしょうか。





教諭の資格があるとか、
http://maezism.com/

ここで登場する前島智さんのやる事とは、思えないですね(笑





あと何より問題は、教諭免許まで公開して、
誇大広告を打ち出して意味不明の実績掲載して、
尚且つ、アップセルで次々お金を摂取するような
販売手法を取っている事で、多くの人間の反感を買い、そして
今後、前島智さんそのものが、リアルの世界でも、
ネット検索などされた場合、尾を引く可能性は、デカいですね。


顔まで出していて、教諭免許まで公開するとか・・・ちょっと……
見てる側が、不安になる話です(笑



ま、いずれにしてもこちらについては、一度、
コンテンツを見てから判断しようと思いますw



1日目

セールスページで記載された内容の特典や商品が送られてくるのだろうか。
そう不安になる内容で1日目のカリキュラムは、なんと・・・

95%の人が挫折する理由でした。


感想 とにかく不気味で気持ち悪い。。もう見るのが嫌になりましたが
1日目で次回予告を見て更にへこみます。

購入した立場としてね、なんというか騙された感が凄いです。


第二話まで待てないと思い、URLの末尾の数字を操作すると
色々と出てきましたw


 



30分でスキマ時間で19万円とか100万円というような
根拠になるような内容は、全くありません。


意味不明な発言。

我慢も限界にきたので解析してページ内を抉り出してみました。


鳳凰レバレッジ・システム1日目 21世紀型ビジネスを使うレバレッジ・システム
鳳凰レバレッジ・システム2日目 キャッシュフロー・クワドラント
鳳凰レバレッジ・システム3日目王道の100万円の稼ぎ方(基本編)
鳳凰レバレッジ・システム4日目王道の100万円の稼ぎ方その2
鳳凰レバレッジ・システム5日目情報配信最強論
鳳凰レバレッジ・システム5日目情報配信最強論
鳳凰レバレッジ・システム7日目無料にこだわった戦い方
鳳凰レバレッジ・システム8日目ブランディングとは?
鳳凰レバレッジ・システム10日目見込み客をファンに変える戦略
鳳凰レバレッジ・システム11日目Facebookの無料開設
鳳凰レバレッジ・システム12日目Facebookでやるべき作業




12日目まで用意できているようですが普通の人間なら
毎日、前島智のメールを見るのが嫌になる筈です。



私は嫌になりました。
本当にこんなものにお金を投じたかと思うと
呆れてものも言えません。



糞誇大広告のセールスページは
削除され、アクセスできずの状態であり、
同時に送られた来た日には、セールスページと
再確認してやろうと思うと無い始末ですから、
マジでビビりますよ。




その為に情報商材を買う時でも 期間限定などと
謳っているものは、証拠としてセールスページを保存しましょう。

PDF変換、 そして 画像でも ページそのものを保存しても
構いません。




Facebookでは 「極秘裏」を連発する男 マエズィ~事 前田智。



なんとなくまとめると無料オファーに参加して
プレナーなどのパーティーに参加してジョイントすれば100万は
余裕だとか・・・。


これには何の根拠もありませんし
セールスページの謳い文句とは全く異なる内容です。



30分のスキマ時間で最低でも19万円を生み出せるなどと
謳ってますが 関係ない話ですしコンテンツの中には、
そういったものは見受けられません。




誇大広告のセールスページとは明らかに違い
ガッカリを通り越して怒りも通り越してしまう内容で
ビックリしました・・・。


こんなものでよく審査通過したな・・・と言う感じです。



必要に応じて追記します。


記事削除などもあるかもしれませんが
多くの人に誇大広告を打ち出して金儲けをして
記事削除を訴える事や名誉毀損がまかり通れば 悪人の好き放題の
世の中になります。


なので 本教材を買われた人、後悔した人 今後、情報商材を買う際に
注意べきポイントを確認して頂く為にも削除するつもりは毛頭ありません。



また本記事について、名誉毀損について
追求しているのですが


第230条の2 前条第1項の行為が公共の利害に関する事実に係り、
かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、
事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。


というものがあります。


しかし本記事は、営利目的、ならびに個人の感情ではなく
あくまでも 「一人でも多くの方が今回のような商品」で
失敗や後悔しない為に 発信している情報です。



いかにも実績があるかのように高額コンサルなどで
お金を摂取する事例は増加傾向にあります。


しかし、その実績が異なればどうでしょうか?


製品の材料などでも 色々な数値がありますが
それと同様にその数値を見て買う人も居ます。


その数値が紛らわしいものであったなら
この表示は何と言うでしょうか?


明らかに少なくとも この月収の表示は それに該当します。




紛らわしい広告であること

そしてその中身が広告とは明らかに違うものである事

実績においてもあたかも稼いでいるような記述をして
消費者の判断を迷わせるような表記 などなど


こういった事実を隠す必要は、ありません。



少なからず、情報の信憑性を見極める上では
本案件は 非常に役立つのでは、ないでしょうか?



尚、誇大広告という点では、明らかに問題がある部分がありますからね。



今後も引き続き 今回の削除要請に基づき正当性に白黒つける為に
本件に関しては 書いていくので、同じように 事実を書いて
削除依頼が届いた方も参考にして下さい。

 



○購入時に正当な判断を失いさせる為のスクリプト
※ワンタイムオファーで一度きり など

○商品提供時期についても記述が無かった事。

○セールスページの表現とは明らかに異なるコンテンツであること。

○そして気持ち悪い文面であり その内容も気持ち悪い内容であった事実。

○商品提供前に高額案件の売り込み

○月収1100万円達成と書かれているが、売り上げ金額であり月収とは違う。
※消費者が錯覚を行う記述 最後の池本という人物の発言と報酬は
一致しないもの。





つまり、消費者の思考を惑わせるような要素が詰まっています
上記を見て一般的に 何と言うでしょうか?
 

それではYSでした。

文章標籤

情報商材観察隊 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

管理人YSです。

 

今回取り上げるのは

斎藤やすさんも取り上げるこちらの斎藤ひろきという人物。

 

 

すごく参考になる記事はこちら

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-241.html

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

 

斎藤ひろき  



販売者 斎藤ひろき 旧名一覧  齋藤浩喜 (斉藤ヒロキ 斉藤浩貴)


運営責任者 斎藤ひろき


〒018-0431

秋田県にかほ市伊勢居地字大畑38

電話番号





info@hiroki-tenbai.com

 

 

 

彼の商品でもある 資金稼ぎプログラムは明らかな誇大広告と

感じさせるもので 「未だかつてない」などの言葉を用いて

稼げる事を主張してますが、その内容は明らかに食い違うものであり

たかだか3000円程度の商品ですら、消費者に嘘と誇大広告を

並べて販売する販売者です。

 

 

 

また、この販売者の斎藤ひろきという人物は何度名前を変える理由の一つとして

悪評逃れとも考えられます。

 

ここまで消費者に対して 可愛い顔をして嘘と誇大広告を並べて
いくら稼いだのか知りませんが、典型的ですね。

 

この手のものを動画などにでる事で、
今後 「名前」での検索、そして顔写真一致などが出た場合
様々な部分でリスクを負います。

 

例えば子供ができた時。

銀行などのローン審査。

そして就職

アフィリエイトでも審査の厳しい広告掲載は個人名では通り難くなります。

 

こういう事を把握して一攫千金を狙い、一生困る事のないお金を
投資するなら、まだ良いですが、普通に考えれば危ない行為です。

 

 

一体どれだけ売れたのか知りませんが
少なくとも今後はどんどん低迷してくるだろうし
この手の事実の批判記事は 国内ブログから
中国ブログや海外サーバーへ移行してきます。

 

つまり幾ら消して欲しいと思ってもどんどん空回りする一方となるのです。

それも全て侵害されたのではなく、事実を書かれただけ。

 

つまり、今回のような情報コンテンツを表に出して
消費者が騙されたと錯覚するようなコンテンツを販売して利益を出しているのですから、これもまた当然の報いなのです。

 

みるみる内に量産されると思いますが、一生表に出て
この手のビジネスで喰い続けられる人は良いですが
プロデューサーは知らんふり。

結局いつも実績も実力もないのに金儲けの為に
表に出た人間が「ババを引く」というわけです。

 

それだけでなく何度も出ていると今度は会社の情報から
ジャーナリストなどの調査対象になる可能性があります。

 

この斎藤ひろきさんの「今後」が私も心配です。

 

しかし、情報代金を圧倒的に摂取し
リスクのある立場に「上手い話」で誘い込むという
これらはプロモーターも把握している事ですがね。

 

 

なお、情報コンテンツは5年以内なら返金が可能です。

 

もしも、「やられた」と言う人は、5年以内に購入した塾や教材であれば
クレジット会社、販売者への通知で返金が可能です。

 

それでは。

 

こちらの管理人さんのサイトは役立つので是非読んでみてください。

 

http://yasu871.blog.fc2.com/

 

 

 

 

 

文章標籤

情報商材観察隊 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

管理人のYSです。

当サイトは、ネットで役立つ情報を

引用してその感想を書いています。

是非参考にしてください。

 

~ここから引用~



セールスページを見る限り

阿部塾やアレックスの即金ネオビジネスや

フェイスブック、与沢塾などのセールスページと作りがほぼ同じですね。

(SKナレッジ制作でしょう 恐らく





セールスページでは

未だかつてない資金稼ぎプログラム…。

他のネットビジネスに比べて高い再現性を誇る…



などと謳われてますけど、明らか誇大表現です。





会員ページはこのような感じです。

齋藤ヒロキ会員ページ 資金稼ぎプログラム



リサイクルビジネス

自己アフィリエイト編

輸入ビジネス編

特典

極秘対談音声対談



という構成でセールスページに
謳われている通りの内容です。





ちょっとググると批判の声も

既に上がっているようですけど

僕的には中身を見ないと…と思って

読んでみる事にしました。





ちょっと上部のバナー

「あなたも僕と一緒に走りましょう。」をクリックすると…
セミナー申込みページに移動します。

ここを見てみました。


凄いですね。



販売からほぼ時間も経過してないのに

残り枠が2名とか3名で3日間も募集締め切りです。

齋藤浩喜 セミナー東京

齋藤浩喜 セミナー大阪


これってあり得ない話ですよね。



ちょっと調べれば真相もわかりますけどねー。


実はここ最近、高額塾が静かなのも”セミナー売り”に移行しているからです。



以前も少し話しましたけど

与沢翼のところでウロウロしていた、

なんとかっておじさん(名前忘れましたけど)その人の塾も

セミナー売りで、ここ最近でも、

与沢翼のランディングページに出ていたのも

セミナー売りをしていたようです。





つまりWEB上じゃなくて

セミナー誘導して参加者にバックエンドを

売り込むという手口です。





つまり判断を与えなくするのがセミナーです。



ネットの場合だと「少し考えてしよう…」という

先延ばし客が多いので、成約率も落ちたりしますし

その時点で検索して、悪い事が分かれば買わない人も居ます。



しかし、セミナーを使えば販売すら

周りに悟られずにできるし、会場の客は

判断を即座に求められるので、先延ばしがし難い。



こういった利点からセミナー売りが流行ってきています。



つまり、こういった事を妨害するならば

即座に無料オファーの段階でしっかり白黒つけないと

被害者が数多く出るって事です。





まあ誰が何を売ろうと何を買おうと自由ですけど

こういうところに大金を投資して失敗すると

「この業界はこういうものか…」と諦める人が増えるじゃないですか。





そういうのはマジで勿体ないなーと心底から思います。



だから少しでも、誤った道には進んで欲しくないのが僕の本音です。

資金稼ぎプログラムのレビュー

 

ちなみのこちらの内容は



リサイクルビジネス

自己アフィリエイト編

輸入ビジネス編

特典

極秘対談音声対談

 



というように分かれています。



個々のページでは



質問に関しては100%ヒロキが回答させて頂きますので、

分からないことがあれば何でも僕に聞いてください^^

 



などと書かれてますけど真実味をアピールするのも演出ですからね^^;





フロントでしっかりしておかないと

バックエンドにはつながらないので必死でしょう。



まずリサイクルビジネスは出品代行や不用品を売る…

そして

自己アフィリエイトは文字通り、ASPの自己アフィリ案件から

自己アフィリするというもの。



続いて輸入ビジネスは、

タオパオの輸入業者を使って仕入れて

アマゾン転売しようというもので、



動画に加えて、それぞれレジュメが用意されています。





とくに目新しさを感じる部分がありません。





ヤフオク登録

アマゾン登録

オークファン登録

イーベイ登録

グーグルクローム登録

タオパオ登録



などなど…

 

あとはFBAの使用方法。



そして仕入れから販売まで。



アマゾンとタオパオで価格差のあるものを見つけるとか

もう、ありきたりで目新しさ無いですよね。





続いてはリサーチ方法でランキングを見て…

出品者やランキング変動を見て…という

非常にオーソドックスな手法が紹介されています。



あとはアマゾンのキーワードリサーチ

IDリサ―チ ようは、アマゾンで輸入転売している

IDを見つけて商品リサーチする方法です。





これも どこかで見た事がある内容です。





後はオリジナル商品戦略などがあるのですけど

どれもこれも、PDFは無料レポートレベルで

音声でカバーしていますけど、目新しい事が

無いので、面白みを感じませんでした。





初心者の人には、「輸入転売の基礎」というレベルで

ネットでググれば出てくるような内容です。





ほんとユーチューブとかでも出ているような事ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=WuYP5YANjds

http://www.youtube.com/watch?v=Jz74HxQHh1o



新鮮さも目新しさもないしセールスページで

謳われているように新しさの欠片も無いです。

 

資金稼ぎプログラム総評

 





セールスページで語られているような



未だかつてない資金稼ぎプログラム…。

他のネットビジネスに比べて高い再現性を誇る…




このような部分はありませんでした。



極秘対談までは見る気力がありませんでした。





またサイドバーには

「輸入ビジネスガチャ」http://hiroki-tenbai.com/hirokiclick/groups/3308013/gcwp/

 



このような商品も貼られており、その下には

カミングス―ンの文字が。



まあ報酬1円なので売るアフィリエイターも居ないと思いますけど

絶賛しているとすれば仲間内です。



つまりここに一気にリスト(購入者)を集めて

セミナーでクロージング。



これ典型的なパターンです。



尚、特典にしても、どれも無料でも不要なレベルなので

煽られないように注意してくださいね^^



ここ最近で役立つと思えた転売系ノウハウのネット記事一覧


新品せどらーのレビューと特典



7か国の輸入ビジネスツールのレビュー



それでは。

 

文章標籤

情報商材観察隊 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()